ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« マーノ・シニストラ | トップページ | いぶし銀 »

2006年12月14日 (木)

何気ない一言

何ということのない言葉が妙に嬉しいことがある。

今日それがあった。

次女とバッハのイ短調ヴァイオリン協奏曲BWV1041に取り組んで1ヶ月半になる。夕食中次女に「今日も練習するよ」と声をかけた。次女は箸を口に運びながら「わかってる。バッハだよね」と答えた。これだけである。

実際にはバッハのイ短調ヴァイオリン協奏曲BWV1041の練習なのだが、彼女はこれをバッハと呼んだ。音楽の愛好家の間では、作品を作曲家名で呼ぶことはよくあることだ。私や先生はときどきそうした言い方をするが、次女が始めてやって見せてくれた。その作曲家がバッハだったことと、言い方が妙に大人っぽかったことが感慨を深めた。

いつかきっと次女に「ブラームス」と言わせねばならない。出来れば「ブラームスのソナタだよね」くらいが望みである。

« マーノ・シニストラ | トップページ | いぶし銀 »

コメント

<とらねこ様

応援ありがとうございます。
既に半分暗譜出来てる。子供は脳味噌が柔らかいッス。

がんばれ次女ちゃま~!
がんばれパパさま~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何気ない一言:

« マーノ・シニストラ | トップページ | いぶし銀 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ