ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ホルン三重奏曲ヴィオラ版 | トップページ | 再生頻度ランキング »

2007年1月26日 (金)

ipod購入一周年

ipodの購入から1年が経過した。

今や不可欠なアイテムになっている。どのくらい不可欠かというと、たとえば携帯電話とどちらか一方を取れと言われたら迷わずipodを選ぶに違いないくらいである。

「Brahms」と名付けたipod本体と管理ツールであるiTuneを併せてドップリ首まで浸かっている。「通勤・出張の友」としての絶大な貢献の他に、事実上所有しているCDのデータベースとしても機能してくれている。CDショップの店頭で、所有のCDを確認出来るので重複して購入するという間違いを冒さなくなった。

現在のところブラームスの作品ばかり9GBほど収容したが、まだまだ余裕だ。

別に心配事もある。やがてこのipodにも機械としての寿命が来るのだろうが、それまでに60GBの容量を全部使い切らないのではないかということだ。さらにそれに付随してもっと深刻な課題もある。新しく買い換えた時、今まで取り込んだデータをまた最初から入れ直しせねばならないのだろうか?現行のデータをそのまま流し込めたりする機能があれば文句なしだのだが。

いつも「ipodのBrahmsちゃん」と一緒にいられて幸せである。

« ホルン三重奏曲ヴィオラ版 | トップページ | 再生頻度ランキング »

コメント

この幸せに慣れてしまわぬようにしたいものです。

これだけ普及しているipodですから、
少なくとも同じ機種や後継機種については、
スムーズなデータ移行を望みたいところです。

>ドップリ首まで浸かっている。

時には、波を頭の上からかぶりそうですが?
「ipodのBrahmsちゃん」と一緒のアルトのパパさま。
きっと和やかで素敵な表情をなさっているのでしょうね。。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ipod購入一周年:

« ホルン三重奏曲ヴィオラ版 | トップページ | 再生頻度ランキング »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ