ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« マイスキーの無言歌の続き | トップページ | 春の珍事 »

2007年1月21日 (日)

カントル

コミック「のだめカンタービレ」第16巻の109ページからヴァイオリンのパート練習の合間にコンマスのトマ・シモンが講釈する場面がある。さらにのだめからその様子を聞いた千秋が説明を補う。114ページだ。

神の作った世界の調和を知るための4つの学問がある。「天文学」「幾何学」「数学」「音楽」だ。本来「音楽」(ムジカ)とは調和の根本原理そのものを指し示す言葉だった。「音楽」とは「理論的に調和の根本原理を研究する学問」だった。中世に至ると、そうした音楽理論を熟知した上で「理性により作品全体に対して入念に音楽を判断できる人」を「音楽家」(ムジクス)と称した。これに対してただ単に歌ったり演奏したりする人を「歌い手」(カントル)と呼んだ。

トマ・シモンと千秋の説明を統合するざっとこういう主旨になる。全体から受ける印象としては「ムジクス」は「カントル」より偉いような感じである。

1879年ブラームスのもとにあるオファーが舞い込んだ。ライプチヒのトマス教会からカントルへの就任を要請されたのだ。えらいことである。ライプチヒのトマス教会と言えば、その昔ヨハン・セバスチャン・バッハが奉職していたことで知られている。ブラームスがそれを知らぬはずはない。もの凄く名誉なことだ。バッハを畏怖尊敬していたブラームスの心が動いたことは間違いない。ブラームスに白羽の矢を立てるなんざぁ、トマス教会もなかなかお目が高い。そもそもこのライプチヒという街は、ブラームスにとって鬼門である。ピアノ協奏曲第1番の初演以来、何かとケチがつくことが多い。ライプチヒの聴衆はなかなかブラームスを認めようとしなかったのだ。そうした背景があるがゆえに、このオファーには重みがある。

ウイーン楽友教会音楽監督の職を辞して以来、定職を持っていない身であったからトマス教会の申し入れを受けることは可能だったが、結局ブラームスはこれを辞退した。いろいろと理由は詮索されている。「ウイーンを離れたくなかった」が一番有力である。作曲家としてのデビュウ直後にピアノ協奏曲第1番の初演で煮え湯を飲まされたのが、他でもないこのライプチヒだったという記憶は間違いなくマイナス要因だろう。

それからもう一つ。ブラームスが「僕はムジクスになりたい。カントルなんか嫌だね」と思ったからという理由を「のだめカンタービレ」を読んでいて思いついた。

« マイスキーの無言歌の続き | トップページ | 春の珍事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カントル:

« マイスキーの無言歌の続き | トップページ | 春の珍事 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ