ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« パニック | トップページ | 鬼を嗤わす »

2007年2月22日 (木)

Feldeinsamkeit

ブラームスを代表する歌曲。作品86-2の題名である。

「ふぇるとあいんざむかいと」と発音する。「Feld」は英語で言うところの「Field」だから「野」とでも解されよう。残る「einsamkeit」は「einsam」と「keit」に分けて考えるといいらしい。「einsam」は「孤独な」という形容詞だ。「-keit」は形容詞を名詞化する語尾である。だから「einsamkeit」で「孤独」となる。ドイツ語の単語は偉く長ったらしい。これが理解を妨げる原因の一つだろう。

「keit」が付くと何だか哲学の授業を思い出す。抽象化が得意なドイツ語に特有の語尾だと思う。このパターンの言葉は日本語への転写が難しい。

「野の寂しさ」「野のさびしさ」「野の淋しさ」「野に一人いて」「野にひとりいて」「独りの野」「野の静寂」など、ただただ訳者の苦労がしのばれるばかりである。

同様な現象が、作品85-6「Im Waldeinsamkeit」でも起きている。こちらは「Wald」だから「森の孤独」とでも解し得るタイトルである。どちらの「孤独」もゆったりとした長調で、しっとりと歌い上げられる。ブラームスにかかると「孤独」は上質のワインのようである。

さて、本日話題の「Feldeinsamkeit」に最近ドップリとはまっている。歌曲の扉を開けてくれたのが「五月の夜」op43-2で、「永遠の愛」op43-1がヒットエンドランを決めてチャンスを広げたとすれば、「Feldeinsamkeit」は先制のホームランと位置付けられよう。私の歌曲受容史の中でも、ひときわ深く輝いている。わずか35小節の小品ながら只者ではない。お風呂で口ずさむことしきりである。

「Feldeinsamkeit」の作詞者は、Herrman Allmersというドイツ・ブレーメン生まれの詩人だ。1821年生まれだからブラームスより12歳年長。何ということか、作詞者本人は、ブラームスによるこの付曲が不満だったと伝えられている。

やれやれ、いろんな考えがあるものだ。

« パニック | トップページ | 鬼を嗤わす »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Feldeinsamkeit:

« パニック | トップページ | 鬼を嗤わす »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ