ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヴィオラのサイズ | トップページ | 口コミ »

2007年2月10日 (土)

九重奏曲ニ長調

ブラームスの室内楽は二重奏から六重奏まで24曲だ。だから九重奏曲は本来は存在しない。しかし、ブラームスの少し詳しい伝記や解説書を読んでいると九重奏曲に言及されている。現在作品11となっている「管弦楽のためのセレナーデニ長調」は、当初九重奏曲として一応の完成を見ている。編成は、フルート、クラリネット2、ホルン、ファゴット、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスである。現在の第二と第五の両楽章が抜けていたらしい。第四楽章の愛らしいメヌエットは既に完成していたということだ。九重奏のうちクラリネットだけが2本になっているのは、メヌエットのためだと密かに確信している。2本のクラリネットとファゴットが奏するメヌエットは、ブラームス史上最高のメヌエットだと固く信じている。

残念なことにipod上で完成した「私家版ブラームス全集」にはこの編成での九重奏版は収録されていない。しかしながらクラリネットを1本にして、かわりにオーボエを差し挟んだ編成のバージョンが取り込まれている。

最大の興味はあの第四楽章のメヌエットをどのパートに演奏させているかという点だ。「2本のクラリネットにファゴット」という言わば完結した小宇宙をいったいどう再現しているかがポイントだ。クラリネットの代わりに入ったオーボエが吹いていたら幻滅である。

結論から言うと2番クラリネットのパートを演奏するのはなんとヴィオラなのだ。演奏を良く聴くとわかる。1番クラリネットの6度下でヴィオラが粛々と鳴っている。どこのどなたかは存じ上げないが、見識を感じさせる編曲だ。

実を言うと管弦楽版よりキビキビ感が際立っている気がして、最近は専らこちらを聴いている。

« ヴィオラのサイズ | トップページ | 口コミ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九重奏曲ニ長調:

« ヴィオラのサイズ | トップページ | 口コミ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ