ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 6本の指 | トップページ | オーバーホール »

2007年2月15日 (木)

チューバ

コミック「のだめカンタービレ」17巻の表紙はチューバだった。

「Tuba」と綴る。金管楽器の低音担当だ。ある意味管楽器の王者である。「管」を意味する「Tube」(チューブ)と語源が重なっている。

ブラームス作品では意味ありげな用いられ方をしている。

  1. 交響曲第2番op73 1877年
  2. 大学祝典序曲 1880年
  3. 悲劇的序曲 1880年

上記3曲にのみ出現する。交響曲、協奏曲を含む管弦楽13曲のうちわずか3曲で用いられるだけなのだ。1877年から1880年の4年間に集中しているように見える。

さて、木管楽器での最低音担当はコントラファゴットである。チューバとの出番の棲み分けで面白い現象がある。コントラファゴットのある作品は以下の通りである。

  1. ハイドンの主題による変奏曲op56
  2. 交響曲第1番op68
  3. 大学祝典序曲op80
  4. 交響曲第3番op90
  5. 交響曲第4番op98

コントラファゴットとチューバがともに用いられているのは大学祝典序曲だけだ。協奏曲には姿を現さない点チューバと同じだが、どうやらこの両者共存が避けられている感じである。

« 6本の指 | トップページ | オーバーホール »

コメント

どなた様かわかりませんが、鋭いご指摘ありがとうございます。
確かに1868年の「ドイツレクイエム」にチューバございました。

初めまして。
wikipediaによるとドイツレクイエムにもチューバが使われているそうです。
コントラファゴットとチューバの出番の棲み分けについて、とても興味深いですね。

<Claris様

恐れ入ります。

チューバネタは発信の機会をうかがっていました。
そこへピッタリ計ったようにチューバの表紙だったので
速攻でした。

だからカテゴリー「のだめ」には入れていません。

コミックの表紙から、ここまで導き出すことのできる
アルトのパパさま、凄すぎます!
コミックの表紙は毎回楽しみにしておりますが、私は
いつも眺めるだけでオシマイでした。

大学祝典序曲を聴くと、学生時代を想い出します。。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チューバ:

« 6本の指 | トップページ | オーバーホール »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ