ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« Feldeinsamkeit | トップページ | 弓の使い心地 »

2007年2月23日 (金)

鬼を嗤わす

先のことを話すと鬼が嗤うらしい。嫌な性格である。

このまま順調にブログの毎日更新が続くと、来年の今日2月23日に「1000日連続記事更新」を達成することができる。こういうものは、鬼に嗤われようと嫌われようと、自らを鼓舞する意味でも宣言しておく必要がある。

2月20日の記事「16倍の優しさ」の中で、大伴家持の歌に言及した。私の大好きな歌が2月23日に作られていることに触れている。

http://brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2007/02/post_dea9.html

新暦と旧暦という暦の違いはあるが、私の性格から言えば、その記事は今日2月23日にアップして然るべき記事だ。ところが運悪く「来年の今日1000日連続記事更新になる」という日と重なってしまったので、20日に繰り上げたというわけだ。

そうまでしてブログで宣言することによって、自らを追い込んでモチベーションを上げる意味もある。鬼を見返してやるのも大変なのだ。言ったことがキッチリと実行されるという実績を積み重ねて行くと、そのうち鬼も学習して嗤わなくなると思う。

今月初頭に娘たちから豆を投げつけられているので、やっぱりひときわ大きな嗤い声が今聞こえた。

« Feldeinsamkeit | トップページ | 弓の使い心地 »

コメント

<Claris様

鬼だけではありませぬ。きっと人にも笑われています。

アルトのパパさまは、豆を投げつけていないのですね?

鬼は嗤いすぎて、お腹がよじれてしまっている模様。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼を嗤わす:

« Feldeinsamkeit | トップページ | 弓の使い心地 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ