ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 「dolce」のシャワー | トップページ | バッハへの傾倒 »

2007年3月20日 (火)

のだめの中のブラームス【25】

コミック「のだめカンタービレ」の売りの一つが破綻の無い小道具の配置にあることに異論はないだろう。その象徴が単行本各巻の表紙に描かれる楽器である。同時に描かれるのだめのファッションも楽しみの一つである。以下に列挙してみる。

  1. ピアノ
  2. ヴァイオリン
  3. 指揮棒
  4. フルート
  5. チェロ
  6. ホルン
  7. オーボエ
  8. ギター
  9. トランペット
  10. ヴィオラ
  11. ファゴット
  12. クラリネット
  13. ハープ
  14. ティンパニ
  15. トロンボーン
  16. マリンバ
  17. チューバ

このうちブラームスの作品に用いられているものを赤字にした。12巻のクラリネットはA管だろうかB管だろうか、まだ見分けられずにいる。個人的な好みからお気に入りの表紙を挙げるなら迷わず10巻だ。「屋根の上のヴィオラ弾き」というイメージだ。表紙に黒猫が描かれているが、動物が出現するのは多分ここだけである。のだめのファッションとして気に入っているのがもう一つある。ファゴットと戯れる11巻だ。

さてさて18巻以下の表紙に選ばれる楽器がどのような顔ぶれになるのか興味深い。ブラームス作品に用いられている楽器でまだ表紙に採用されていないのは以下の通りである。

  • ピッコロ
  • コントラファゴット
  • 大太鼓
  • シンバル 2009年8月10日第22巻の表紙となる。
  • トライアングル 2007年6月13日第18巻の表紙となる。
  • コントラバス2007年11月13日第19巻の表紙となる。
  • オルガン
  • 人間の声2008年8月11日第21巻の表紙となる。

第3巻に指揮棒があるくらいだから「人間の声」はあり得ると思う。実を言うと裏の裏の大穴で意表をついて「セカンドヴァイオリン」などという茶目っ気も密かに期待している。

« 「dolce」のシャワー | トップページ | バッハへの傾倒 »

コメント

<魔女見習い様

おおお。そうでしたか。手帳に書いておかねば。

連続ヒットですね☆

すでにご存じかとも思いますが、
20巻は3月13日発売予定ですね。
表紙もスゴク楽しみです♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のだめの中のブラームス【25】:

« 「dolce」のシャワー | トップページ | バッハへの傾倒 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ