ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 二重奏曲イ短調 | トップページ | のだめの中のブラームス【25】 »

2007年3月19日 (月)

「dolce」のシャワー

「dolce」は一般的には「優しく」と解されて何の疑問もない。ブラームスの作品中には約1550箇所に現われる。「ブラームスの辞書」では、用例の分析から「espressivo」に次ぐ「主旋律マーカー」第二位と位置付けている他、起用上の特徴として「fとの共存拒否」を上げている。

さらに「dolce」を強調語「molto」で補強したケース「molto dolce」が41箇所存在する。うち33箇所を器楽曲が占めているのが目立つ。初出のピアノ協奏曲第1番第2楽章14小節目から最後の出番はヴィオラソナタ第2番第1楽章158小節目である。「molto」によって強調された「molto dolce」と「espressivo」の関係はなお課題として残る。

「dolce」を「molto」で補強しているだけでも、かなりの決意だということが判る。実は上には上がある。ヴァイオリンソナタ第2番第2楽章の150小節目に「molto dolce」が置かれているが、その1小節後には「sempre piu dolce」が追い討ちをかけている。日本語でいうなら「非常に優しく」の後「つねにもっと優しく」と畳み掛けているというわけだ。

実はこの楽章、ブラームス独特の「緩徐楽章と舞曲楽章の混在」が見られる。ゆったりした「Andante」と「vivace」が下記のように交代する。

  1. Andante tranquillo 「p dolce」
  2. Vivace
  3. Andante 「p」
  4. Vivace di piu
  5. Andante 「molto dolce」「sempre piu dolce」
  6. Vivace

今話題の「molto dolce」「sempre piu dolce」は上記の5番、「Andante」が3度目に現れるところに置かれる。ピアノ伴奏の書法が順を追うように手厚くなるのと平行して、ニュアンス付けが繊細になっている。「いくらdolceでもいいんだよ」というささやきが聞こえてきそうである。ギネスブック風に申せば、ブラームス史上最高の「dolce」という気がする。

ちゃんと弾き分けられているか少し心配である。

« 二重奏曲イ短調 | トップページ | のだめの中のブラームス【25】 »

コメント

<とらねこ様

すみません!

ディープなネタ連発しておいて、譜例無しですからね。
楽譜ショップと提携せねば。。。。

アルトのパパさんのブログを拝見する度、楽譜を参照したくなりますが、如何せん殆どは遠い実家に・・。かと言って新規に購入は・・・。毎回ジレンマです!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「dolce」のシャワー:

« 二重奏曲イ短調 | トップページ | のだめの中のブラームス【25】 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ