ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ハンドルネームの由来 | トップページ | 弓購入一ヶ月 »

2007年3月16日 (金)

piu f sempre crescendo

ブラームスの生涯で唯一弦楽六重奏曲第1番の第1楽章234小節目に存在する。ひとまず「今までより強く、常にだんだん強く」と解しておく。

数小節前から微細なクレッシェンドで着々と準備されてきた再現部の到来である。ヴァイオリンがシンコペートされた重音で華麗に装飾しているが、紛れもない第一主題の再現である。この指定「piu f sempre crescendo」は特定のダイナミクスを表現してはいない。「f」の文字は含まれているが、あくまで「piu f」つまり「今までより強く」という相対的な指示にとどまっている。「f」の字面またはあまりのカッコ良さにつられて、強過ぎるダイナミクスにしてしまうと途端に行き詰まる。246小節目の「ff」に向けたクレッシェンドの斜面の途中であることを肝に銘じなければならない。

このように解することで一つの疑問は帳消しになる。この「sempre」は「piu f」と「crescendo」のどちらを修飾しているかという疑問だ。どちらと捉えても「どの瞬間をとっても常にクレッシェンド」という解釈となる。第一主題の再現自体が長いクレッシェンドの斜面に埋め込まれているということを演奏者に知らしめる効果という点では同等と思われる。234小節からいきなり気合いを入れ過ぎるなという警告も含まれていると考えたい。もちろん、この素晴らしい再現を屁理屈で台無しにしないことが大切である。

何やらポカポカと暖かい南向きの斜面のような気がする。

« ハンドルネームの由来 | トップページ | 弓購入一ヶ月 »

コメント

<Claris様

ハイ。まさしく上り坂でございます。

ポカポカと暖かい南向きの斜面を、
ゆっくりと滑っているような気分になりました♪
下るというよりは、上っているような?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: piu f sempre crescendo:

« ハンドルネームの由来 | トップページ | 弓購入一ヶ月 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ