ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ライトテンション | トップページ | 祝40000アクセス »

2007年3月27日 (火)

ラプソディのオルガン編曲

昨年12月4日の記事「第4交響曲オルガン版」ではブラームスの交響曲第4番にオルガン編曲のCDがあることについて述べた。

http://brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2006/12/post_a714.html

ほとんど怖いもの見たさで買い求めて、フィナーレが思いのほかはまっているのに驚いた。その余韻がようやく薄れかけた今日この頃だが、またオルガン系のサプライズCDに出会った。

ラプソディop79の2曲をオルガンで演奏したCDを発見した。即買いである。小林丸人という日本人のオルガニストの演奏である。第4交響曲のおかげで免疫が出来ていたのだろう。驚きはさほどでもなかった。

聴いてみると意外にはまった演奏だ。2番ト短調の立ち上がりなんぞ、音のプレッシャーに圧倒される感じがした。ダース・ベイダーでも舞い降りてきそうだ。オルガンの事情には全く疎いが、多分編曲のセンスがいいのだろうと思う。

ジャケットには「オルガン作品・バッハ、モーツアルト、ブラームス」という意味のフランス語が記されている。てっきりブラームスの「オルガンのための11のコラール前奏曲」が収録されているのだと思ったのがラプソディーとは恐れ入った。

« ライトテンション | トップページ | 祝40000アクセス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラプソディのオルガン編曲:

« ライトテンション | トップページ | 祝40000アクセス »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ