ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 同一カテゴリー5件 | トップページ | メゾピアノの集計 »

2007年4月20日 (金)

初見大会

楽曲の初合わせのことを、私の所属した大学オケではこう称していた。定期演奏会で取り上げる作品の最初の全体練習だと思えばいい。曲目決定の直後に行われる。冬の演奏会の場合、遅くも8月の夏合宿までに行われた。

以前に一度演奏した曲であっても「初見」の文言が削られることはない。「演奏会に向けてこの曲に挑むぞ」という儀式の色彩が強かったと思う。事前に楽譜は配られるから、パートによっては「初見大会に向けた練習」も行われているという点においても「初見」という語句は変だが、中には本当に初見という猛者もいた。間違えたときに言い訳として「初見だしねぇ」というフレーズが便利に使えた。

私の経験した最初の初見大会はブラームスの交響曲第2番だった。楽器を始めて3ヶ月少々のひよっこの私には、何が何だか判らぬうちに終わってしまった。私の初ブラームスだった。一方4年間で最もインパクトの強かった初見大会は4年の夏。マーラーの第五交響曲に挑んだ初見大会だった。気合いを入れるために頭を丸めて臨んだが、練習番号の度に止まるといった感じだった。異質な難かしさに唖然としたものだ。本番に間に合うのか真剣に心配になった。

« 同一カテゴリー5件 | トップページ | メゾピアノの集計 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初見大会:

« 同一カテゴリー5件 | トップページ | メゾピアノの集計 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ