ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« セレナーデ室内楽バージョン | トップページ | 衝突 »

2007年4月 9日 (月)

人の望みの喜びよ

長男の高等学校入学式があった。

わずか30分という凝縮された式だった。「さすが私立」という驚きに満ちた練り上げられた内容に満足した。

ブラスバンドが上手い。式典の幕開けを告げたのはバッハ作曲、「主よ人の望みの喜びよ」BWV147だった。トランペットの見事なピアニシモが印象的だった。初めて中学校のブラスバンドを聴いた時、「上手い」と思ったが、高校生はもっとだ。今思うと中学生は力任せという感じだ。響きとしての和音をじっくり聴かせる演奏だった。リズムにメリハリがあり、フォルテとフォルテシモを吹き分けているとも思える。

熟考の末に決めた学校だ。わずか一日だったが十分な手ごたえを感じた。

« セレナーデ室内楽バージョン | トップページ | 衝突 »

コメント

<とらねこ様

恐れ入ります。入学式に向かう車の中で聴いていました。いつもより渋滞が少なくて、第4楽章の途中で着いてしまいました。

選曲は、何となくですよ。

ご長男様のご入学おめでとうございます!
第二交響曲は実に清々しくアルトのパパ家の今の状況にぴったりですね。さすがですね。

<ひふみ様

ありがとうございます。

入学の日だからといって、特別に気合を入れて曲を聴くということはありませんが、そういえば第二交響曲を聴きました。

ご長男さんの高校ご入学おめでとうございました♪
15の春ですねぇ。
私は12の春しか経験してないので、羨ましい限りです。
こんな日は「大学祝典序曲」じゃ、当たり前すぎて面白くない?
アルトのパパ家では、何を聴いてお祝いしたのでしょう?

<もこ様

ありがとうございます。

そうです。彼の青春です。

ご入学おめでとうございます。
これから青春ですね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人の望みの喜びよ:

« セレナーデ室内楽バージョン | トップページ | 衝突 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ