ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 拡大ブラダス | トップページ | ブログ開設700日 »

2007年4月28日 (土)

ロストロポーヴィッチを悼む

今日の朝刊にチェリスト、ムスティスラフ・ロストロポーヴィッチ80歳の訃報が掲載されていた。ヨー・ヨー・マやマイスキーが登場するまでの間、彼は私のアイドルだった。たしかマイスキーとは師弟の関係だったと思う。まだソヴィエト連邦が存在していた頃、体制側からにらまれて辛い思いをしたと聞く。

初めて買ったブラームスのチェロソナタのLPは彼の演奏だった。しばらくの間我が家唯一のチェロソナタのレコードだったから長く愛聴盤の座に君臨していた。ピアノはルドルフ・ゼルキンだったと思う。当時は全くそうは感じなかったのだが、後になってオヤジどうしのガチンコ丸出しの演奏だったように感じた。そのLPが手許にない今ロストロポーヴィッチのかかわったブラームス作品の演奏が我が家には無い。

仕方ないからバッハ、無伴奏チェロ組曲を彼の演奏で聴きながら冥福をお祈りすることにする。

« 拡大ブラダス | トップページ | ブログ開設700日 »

コメント

<もこ様

コメントに名前入れておきました。

ロストロのブラームス、なかなかですねぇ。ゼルキンが相手というのが、絶妙ですよね。

私も昨晩は無チェロ、それもニ短調が心に沁みました。

ごめんなさい。。名前書かなくて。。
今のコメントは「もこ」です。

私もブラームスのチェロソナタはルドルフ・ゼルキンとロストロポーヴィチの演奏を聴いています。
気迫に満ちていて私の一番好きな演奏です。
昨日はロストロポーヴィチで無伴奏チェロ組曲を
聴いていました。
ロストロポーヴィチ。。好きだった。。
映画も上映中です。

<とらねこ様

羨ましい!

オヤジどうしのガチンコに耳が慣れてしまっています。自分がオヤジになるまでは、そうは感じなかったのですが。

ロストロポーヴィチの実演には幸運にも何度も接する機会を得ました。最後はドボコンでしたが、今でも出だしを良く覚えています。
アンコールはもちろんバッハの無伴奏から。

ブラームスのソナタはここ20年間主に彼の物を愛聴しています。
>オヤジどうしのガチンコ丸出しの演奏だったように感じた。
そうですね!まさにその感じが好きなのです。

<ゆかり様

それは羨ましい。

きっとCD業界が追悼盤で一儲けを企むと思いますので、再度入手しようかと考えています。

ロストロポーヴィッチ・・・そうでしたか。
知りませんでした。

わが家のチェロソナタのCDは、幸いにして、
ムスティスラフ・ロストロポーヴィッチとルドルフ・ゼルキンです。

今日はチェロソナタを聴くことにします。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロストロポーヴィッチを悼む:

« 拡大ブラダス | トップページ | ブログ開設700日 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ