ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 週間1000アクセス | トップページ | 初めてのパターン »

2007年5月22日 (火)

走る

演奏のテンポが意図せずに上がってしまうこと。「accelerando」や「stringendo」の指示に従った制御された加速とは厳密に区別される。もちろんよくない現象である。しばしば「急ぐ」とも称される。走っている本人が気づかない場合も多い他、指摘されても治らないケースさえある。

とりわけ初心者で起きやすい。快速な楽曲の16分音符の箇所が要注意だ。緊張や上がりとの相関も疑われる。休符が頻繁に出現する作品では、しっかり休めていないことが原因のこともある。練習が不十分なところを過ぎて、練習十分なところにさしかかった途端に発病する場合もある。もちろん原因によって対処方法が異なる。

記憶にある限りブラームスの演奏で私がはじめて走ったのは第2交響曲だ。第4楽章の188小節目。ここから14小節間が第4楽章の難所である。微妙な臨時記号が頻発する上に、中途半端に休符が挟まって厄介だ。伴奏声部なので一人で練習していてもさっぱり訳がわからない。大学1年の夏だった。ヴィオラ初心者の私は合宿を前に一人で予習をしておいたのだが、合宿中のパート練習のときにパートリーダーから「走ってる」と言われた。指揮を見ていないこと、周りの音が聴けていないこと、休符をしっかり休めないこと、ここが難所だという緊張が重なっていたと思う。今と違って周囲の音を聴いて帳尻を合わせるマリーシアも無かった。抜け目なく開放弦を使う知恵も無かった。使えるポジションも限られていた。

今でも第2交響曲がこの部分に差し掛かるとドキドキする。

« 週間1000アクセス | トップページ | 初めてのパターン »

コメント

<魔女見習い様

本当はマリーシアは上手い奴が持っていてこそ様になるのです。
下手クソが持っていてもバカにされるだけのような気がします。

適度なマリーシアが必要なこともあるでしょう。

ちょいワルおやじならぬ
マリーシア・レディもいいかも。。♪(笑)

<魔女見習い様

走るのは、不安の裏返しでもあります。不安があるのに素知らぬ顔でごまかすずるさが、サッカーで言うマリーシアに似ています。

急な坂道を自転車で下ってしまうような走りを、私はしたことがあります。
自分でも速いとわかっているのに、どうしてもダウンできない…。
でも幸いなことに、本番では走った経験がありません。

マリーシアとは、微妙なニュアンスですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 走る:

« 週間1000アクセス | トップページ | 初めてのパターン »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ