ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 決意 | トップページ | 補遺ドイツ語編 »

2007年5月 6日 (日)

酒宴一席記事六本

学生時代のオーケストラの仲間と去る3月28日に酒を飲んだ。メンバーはブログで何度か言及しているプロのオーボエ吹きと、プロの物書きそして私だった。時を忘れて語らった中に、ブログ記事のヒントが充満していた。あの夜の語らいがきっかけで生まれた記事が既に6本に達している。

①3月29日「事故調査委員会」

  http://brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2007/03/post_8fe2.html

②3月31日「同期の桜」

  http://brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2007/03/post_1fbe.html

③4月11日「いつか来た道」

  http://brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2007/04/post_f8ca.html

④4月14日「ブラ1の中の春」

  http://brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2007/04/post_1d84.html

⑤4月21日「メゾピアノの集計」

  http://brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2007/04/post_2575.html

⑥4月25日「オーボエの至福」

  http://brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2007/04/post_d037.html  

この他に4月8日「セレナーデ室内楽バージョン」や4月16日「クラリネットコネクション」も若干関係がある。プロの音楽家に物書きというメンツは刺激的である。古い仲間という気安さも手伝って、脳味噌が活性化するものと思われる。酒を飲みながらの語らいの中の一瞬一瞬にネタが詰まっていた。とはいえ酔っ払いが、勢いに任せて繰り出す戯言だから、いきなりブログの記事の形で飛び出すわけではない。記事にするには形を整える必要がある。元々こっちは酔いが全身に回りながらも、記事のネタがありはしないかとアンテナを上げまくっているから、会話の端々で反応する。もちろんその都度「それ記事にいただき」などは宣言しない。心の中で「ごっつぁん」とほくそえんでいる。メモを取りながら飲んでいたらもっと増えたと思う。

何気ないやりとりが脳味噌の中で記事に形を変える。この作業は既に飲んで帰る電車の中で始まっていた。嘘は当然いけないが、誇張と省略はOKである。というよりその誇張振りと省略振りがテクの見せ所だったりする。しかもそれでいて、読み手に「策を弄した」と感じさせずに済ますのが理想である。このあたりの呼吸はとても難しいが、ブラームスの作品中に理想的な例が転がっている。「テクを使ったな」と悟られるのはテクが未熟な証拠なのだ。

この手の宴席のお声がかかればどこにでもホイホイ参りますという感じだ。

« 決意 | トップページ | 補遺ドイツ語編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 酒宴一席記事六本:

« 決意 | トップページ | 補遺ドイツ語編 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ