ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 補遺ドイツ語編 | トップページ | フェイント »

2007年5月 8日 (火)

生誕1000年

昨年はモーツアルトの生誕250周年だった。ブラームスで言うと今年が生誕174周年ということになる。2033年にやってくるブラームス生誕200周年も、私自身が73歳になって迎えることが出来るかどうかは別として、それ相応の規模で祝賀されることは間違いない。こればかりは、さすがのと鬼も嗤わぬ思われる。

実際の話、生誕1000年になっても祝ってもらえることを断言したいくらいだ。ブラームスの生誕1000年をみんなが祝うかどうかより、人類の存続をより深刻に心配すべきだ。人類がそこまで命脈を保ち、音楽にうつつを抜かす余裕がありさえすれば、ブラームスの生誕1000周年は、確実に盛り上がる。

いつも私の記事を嗤ってくれる鬼も今日ばかりは静かだ。

« 補遺ドイツ語編 | トップページ | フェイント »

コメント

<ひふみ様

地球は存在してると思いますが、人類は怪しそうです。

ブラームスの方は1000年だって大丈夫でしょう。

生誕1000年は凄いですよね。
今の私の頭にパッと浮かぶのは、紫式部くらいですね・・・

本当に次の1000年後には地球は存在してるのでしょうかね・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生誕1000年:

« 補遺ドイツ語編 | トップページ | フェイント »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ