ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 英国に旅立つ | トップページ | 週間1000アクセス »

2007年5月20日 (日)

英国研修の効果

昨日長男を28日間の英国研修へ送り出した。

http://brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2007/05/post_5127.html

学校が掲げる研修の目的は一つではない。「英語の学習」「日本人としての自覚を高める」「英国人とのコミュニケーションを深める」と並んで「家庭の有り難味を知る」とある。

今朝になって祖母の鏡台の前に長男からのメッセージが置かれているのを発見した。朝の化粧をしようとした祖母が見つけたのだ。昨日出発前の化粧の時には置いていなかった。祖母の部屋の奥に置かれているから、ほとんど祖母しか使わない鏡台だ。家族の誰にも発見されぬよう配慮された祖母へのメッセージだ。昨日の出発間際になって、「ちょっと忘れ物」といって2階へ上がったのを思い出した。

「準備してくれてありがとう 歩斗」

しっかりとした筆跡で書かれている。約2週間の準備の間、ときにはうるさいと言って喧嘩腰にもなっていたが、まさかこんなメッセージを書いていたとは思わなかった。昨日朝は緊張のあまり、黙りこくって時には涙ぐんでいた長男だ。必死で自分と戦っているのは知っていたが、その土壇場で祖母にこんな思いやりを見せるとは!しかも空港への道中でも、空港での別れの場面でもこのメッセージのことは言い出さなかった。

出発させてからずっと気丈に振舞っていた祖母は、メッセージを握り締めて号泣だった。「家庭の有り難味を知る」という目的は達せられたも同然だ。心を鬼にして送り出したことが通じたのだと思う。

良い子に育ってくれた。

クララ・シューマン没後111周年の記念日を霞ませる出来事だった。予定になかった緊急家族ネタだ。これが書かずにいられるかといったところである。

« 英国に旅立つ | トップページ | 週間1000アクセス »

コメント

<魔女見習い様

ありがとうございます。

今日のために用意した「クララ・シューマン没後111周年」に触れた記事は来年回しになりました。この先いくつかの記事が来年回しの憂き目に遭いそうです。

じ~~ん。。
とっても感動的なお話で、言葉で表現できないくらい。。。
何て素敵なご家族!

素晴らしい英国研修のスタートですね。
続報もありそうな。。。楽しみにしています♪

<ひふみ様

まんまと勝ち点1を取られた感じです。「こうすれば喜ぶハズだ」という類の計算が働いていないというのが素晴らしいです。

さすがですねえ。
本当に良い子に育てられましたね、お祖母さま。
ご長男もきっと、さらに大きくなって帰国されることでしょう。
「アルトのパパ家」に幸いあれ!

朝から素敵なお話に心温まりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/15133356

この記事へのトラックバック一覧です: 英国研修の効果:

« 英国に旅立つ | トップページ | 週間1000アクセス »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ