ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ほとんど無音 | トップページ | 古楽器 »

2007年5月17日 (木)

伊能忠敬

私が日本の歴史上の人物で最も好きな人物だ。1818年5月17日(陰暦4月13日)に世を去っているから、ブラームスとは生きた時代がかぶっていない。

彼の業績はあまりに有名で既に多くが語られているので繰り返さない。本日はブログ「ブラームスの辞書」名物無理矢理関連ネタである。

伊能忠敬が残した日本地図「大日本沿海與地全図」は、正確さと美しさにおいて比類がない。北に行くほど現代の正確な地図とのズレが起きているが、これは伊能忠敬が地球を完全な球体であるという前提に立ったことに起因するものだ。このことは彼の業績を貶めるどころか、かえってその正確さをアピールするのに役立っている。

だからとりわけ外国人は心の底からこれを手に入れたいと願う。一方幕府はこれを国防上の秘密として国外持ち出しを禁じていた。1828年シーボルト事件はこうした背景の元で起きた。シーボルトが帰国する際に乗った船が暴風で遭難して稲佐の浜に流れ着いた。積み荷の中にご禁制品の「大日本沿海與地全図」が発見されたというスキャンダルである。一方の当事者フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは1796年生まれのドイツの医者ということになっているが、守備範囲は相当に広い。

この人の従兄弟の子供にあたるのが、アガーテ・フォン・シーボルトその人である。ブラームスの伝記であれば触れずにすますことの出来ない女性である。ブラームスの人生の中で肉親を除けば女性としてはおそらくクララ・シューマンに次ぐ位置づけだと思われる。何しろ婚約者だったのだ。

日本一尊敬する人と、世界一尊敬する人にわずかな接点があったというお話である。

« ほとんど無音 | トップページ | 古楽器 »

コメント

<魔女見習い様

ブログ「ブラームスの辞書」名物、無理矢理こじつけネタでございます。

記事の内容はともかく、無理矢理振り、強引振りも鑑賞の対象です。

わぁ~、発見ですね☆
タイトルを見て、どんな内容なのだろうとワクワクしました。
「アガーテ・フォン・シーボルト」でクライマックス!
あ~、楽しかった♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊能忠敬:

« ほとんど無音 | トップページ | 古楽器 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ