ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 研修報告 | トップページ | トライアングル »

2007年6月19日 (火)

ソナタのカラオケ

クラリネットソナタのピアノ伴奏のCDを発見した。「クラリネットまたはヴィオラのための」伴奏のピアノの音だけを収録したCDだ。英語で「aconpanimento」とあるから仕方なしに「伴奏」という言葉を用いるがあまり好きになれない。クラリネットソナタ第1番作品120-1と同第2番作品120-2が収録されている。

大切なことがわかった。ブラームス本人の手によってヴィオラ版に編曲される際、一部に音の加減が行われている。クラリネットとヴィオラでは音が違う箇所があるが、ピアノ側に音の変更が無いということなのだろう。

ブラームス最後のソナタに挑む際のパートナーという位置付けであることが明白だ。ソナタ第1番は4楽章、第2番は3楽章だから、トラックは7個で済むハズなのだが、第1番に先立つ最初のトラックで、チューニング用の「A」が鳴らされるためトラックの合計が8個になっている。

いつでも好きなときにピアノとともに練習が出来るという寸法だ。どうせならテンポも自在にコントロール出来る機能が欲しいところである。

« 研修報告 | トップページ | トライアングル »

コメント

<とらねこ様

それは道理にござります。

無さそうな雰囲気が充満していますね。

私は逆にヴィオラがクラリネットだけの録音があれば良いのに、と思います。そう思う人は結構多いのではないかと拝察します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソナタのカラオケ:

« 研修報告 | トップページ | トライアングル »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ