ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« リッピ | トップページ | 旱天の慈雨 »

2007年7月 1日 (日)

意図された言葉足らず

もはや我々の生活に深く、深~く根をおろしたインターネット。世の中のいろいろな局面で悲喜こもごもが起きていると思われる。

我が家の子供たちも、「何かを調べてくる宿題」が出ると二言目には「ネットで引く」と言い出す始末だ。我々の頃は調べると言えば①図書館に行く②見学に行く③お年寄りに聞くが相場だった。今は「1にネット2にネット、3、4がなくて5にネット」である。刑事ドラマではないが「足で調べる」「現場100回」はもはや美談ではないのだろうか。少なくとも図鑑や辞典の売上には大きな打撃があったと想像出来る。

だからという訳でもないのだが、ブログ「ブラームスの辞書」も私の頭の中にあることを100%出し切っている訳ではない。本当はブログへの記載には微妙な塗り残しをして、本を買って貰わねばならないのだ。思わず買いたくなるようなCMでなければならない。ブログでの語り過ぎは購買意欲を削ぐことになりかねない。本特有のあの重みはブログからでは伝わらない。

とは言うものの、最近塗り残しが出来なくなってきている。ついついブログに書き過ぎてしまうということだ。このあたりのさじ加減は大変難しい。あまり出し惜しみをしてつまらぬブログになればブログそのものへのアクセスが伸びない。かといって語り過ぎればブログだけで満足されてしまう。

元より道楽色の強い自費出版だから売ることは潔く諦めて、書きまくるという選択肢も現実味を帯びてきた。

« リッピ | トップページ | 旱天の慈雨 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意図された言葉足らず:

« リッピ | トップページ | 旱天の慈雨 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ