ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 差別化 | トップページ | 息も絶え絶え »

2007年7月31日 (火)

備蓄一年分

6月は忙しかった。長男の英国研修と重なったこともあり何かとバタバタした。ほとんど記事のネタを思いつくことが出来ずに備蓄してあった記事を少し取り崩した。このまま一生記事のネタを思いつけなくなるのではないかとマジに不安になった。記事のネタの思いつき方には大きな波動がある。思いつく時は「オレって天才かも」という感覚だが、思いつかなくなると「もはやこれまで」くらいに思い詰めてしまう。そうした波動を仕方のないことと受け止め、実際の記事更新への影響を極小にする確実な方法が記事の備蓄なのだ。需要の波動を在庫で吸収するというのは古典的な方法である。

記事のネタというのは毎日一つ思いつくことで備蓄量の維持が出来る。一つも思いつかないと減ってしまう。だから備蓄を増やして行くには1日に2件以上ネタを思いつかねばならない。6月は現状維持がやっとだったのだ。

どうなることかと思っていたら、7月に入って劇的に改善した。お盆にブラームスが来てくれたせいかもしれない。どうやらとうとうネタの備蓄が1年分を超えた。これにタイムリー速報ネタを上手に差し挟んで行くことで14ヶ月分くらいには相当するだろう。石油の国家備蓄が民間とも合わせて半年分くらいと聞いているので、1年分と言えば結構な量かもしれぬ。私生活で大事件が起きたり、パソコンがトラブルに見舞われても、直ちに記事の更新に影響がないレベルになってくれた。

つまりはそれだけブラームスで語りたいネタがあるということだ。ほとばしるブラームスネタを保存するツールとしてブログを使っていると考えるとわかりやすい。公開・未公開はパラメータのひとつに過ぎない。

しばらくはこの水準の維持に力を注ぎたい。次のスランプはいつだろうか。

« 差別化 | トップページ | 息も絶え絶え »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 備蓄一年分:

« 差別化 | トップページ | 息も絶え絶え »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ