ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ネットショップ | トップページ | シを作る記号 »

2007年8月22日 (水)

「遅くする」の分類

どうもブラームスに限って言うと「遅くする」が2通りあるような気がしている。

一つはおなじみ「ritardando」である。テンポを落とすことを直接指図する機能がある。もう一つは、直接テンポを落とす意味ではないものの実演奏上は、テンポを落とす処理が施されるケースである。こちらの代表格は「sostenuto」だ。「ritardando」と「sostenuto」の違いは、「そこからだんだん遅くする」が「ritardando」で、「そこから一定幅テンポを落とす」が「sostenuto」であるとされている。

一応納得させられるのだが、「sostenuto」には不思議な現象がある。パート系に話を限定するとピアノが絡んだ曲にしか出現しないのだ。ブラームス作品には「sostenuto」が大量に出現するが、単に「遅くする」という合図と思っていいのか不安である。別のニュアンスの表出であった可能性をいつも心に留めておきたい。演奏者の都合でたまたまテンポを落とす処理が施されているだけなのかもしれない。

同じことは、「速くする」側にも起きている。「sostenuto」に対応するのは「animato」だ。「animato」は「a tempo」や「in tempo」によってリセットされない。「いきいきと」した感じが込められさえすれば、何もテンポをアップさせる必要はないとも言い得る。実際クレーメル、バシュメット、マイスキー、アルゲリッチの地球代表軍によるピアノ四重奏曲第1番では、第3楽章のトリオで「animato」とあるのに、テンポが上がるどころか落ちているという例もある。このメンツに文句をつけられる人はざらにはおるまいが、「Animato」は「速くせよ」の意味ではないのだから、速くなっていなくても文句を言われる筋合いは無い。「いきいきと」した感じが失われていたとき初めて批判の対象となりうる。

さらに「sostenuto」も「animato」も付与されたパートにのみ有効だ。付与されたパートだけが勝手にテンポを変動させてしまっては、アンサンブルに乱れが生じかねない。長い休符で小節を数えている人にさえ影響が出る。このことからも、テンポの変動はあくまでも結果としてであって、本来ブラームスが望んでいた訳ではないと想定出来る。

少しは考えておきたい。

« ネットショップ | トップページ | シを作る記号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「遅くする」の分類:

« ネットショップ | トップページ | シを作る記号 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ