ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 備蓄一年分 | トップページ | 今何調 »

2007年8月 1日 (水)

息も絶え絶え

インテルメッツォop117-3の結尾も近い105小節目に出現する「ritardando molto ed egualemente」の訳語として提案したい。103小節目の「Piu lento」でかなり遅くなっている上に念を押す形で置かれている。提示部の41小節目と呼応しているが、提示部には「ritardando molto ed egualemente」の指示は無い。43小節目と105小節目を比較すると旋律線の嬰ヘ音が16分音符2個分長く引き伸ばされている。テンポ通りに弾いたとしても自動的にテンポが落ちて聴こえる「オートマチックリタルダンド」が仕組まれているというわけだ。念のためテンポを落とす指示が置かれることになるが44小節目では単に「ritardando」にとどまる一方、105小節目では「ritardando molto ed egualemente」に格上げされているわけだ。つまり「提示部のときよりもっとね」の意味を濃厚に含んでいると解される。

おまけにこの「egualemente」たるやブラームスの生涯で唯一の使用例である。手元の音楽用語辞典には「平静に」とある。「ritardando」を「molto」で煽っておきながら「平静に」も無いものだ。「tranquillo」では用が足りないとブラームスが感じていた証拠と解したい。

抜き差しならないニュアンスが充満している。並みの解釈では底が知れてしまう。この場所に挑む際の心得も唯一無二でなければなるまい。だからあえて「息も絶え絶えに」なのである。

« 備蓄一年分 | トップページ | 今何調 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 息も絶え絶え:

« 備蓄一年分 | トップページ | 今何調 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ