ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 名前を付けるということ | トップページ | 第4交響曲の記憶 »

2007年8月19日 (日)

目覚めよと呼ぶ声が聞こえ

バッハのカンタータ140番のタイトルだ。この第4曲は、147番を背負った「主よ人の望みの喜びよ」と人気を二分する名旋律だ。仲間内の結婚式で新郎新婦入場の際のBGMにすることもあった。威厳と格調をともに備えたと評しては月並みが過ぎるが、もとより私ごときの言葉で語りつくせるはずもない。変ホ長調4分の4拍子、ヴァイオリンとヴィオラの静謐なユニゾンが心に沁みる。

今日次女の宿題を手伝った。BGMに先頃買い求めたバッハのオルガン曲集を流した。宿題も終わりに近づいた頃、不意に懐かしい「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」の旋律が流れてきた。それまで流れていた曲はオルガンの音圧、いかにもブラームスが好きそうな足鍵盤による大股なバスの歩みが主体だった。それらに耳が慣れ始めて来た頃だから、清らかな泉のように聞こえた。宿題の手を止めて解説書を読む。カンタータ140番の第4曲をバッハ自身がオルガン用に編曲したという。BWV645だ。

部屋中が涼しい空気で満ち溢れた。

こういう入り方をした曲は一生の宝になると思う。原曲も大好きなのだが、オルガン版も病みつきになりそうだ。ブラームスでないのが悔しいという気持ちさえ湧かない。すがすがしい気持ちになれた。

« 名前を付けるということ | トップページ | 第4交響曲の記憶 »

コメント

<piyo様

超お久しぶりです。

ユーホニウムとな。名前だけは聞いたことがあります。
吹奏楽版も探してみます。

お久しぶりです。SleepersAwake!
良い曲ですよね。
最近吹奏楽を再開させました。ご存じではないかもしれませんが、EUPHONIUMという吹奏楽にしか存在しない楽器を中学高校大学とやっておったのです。
久しぶりに吹奏楽する!ということでAリードの曲集を購入したら、Aリードの編曲で「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」が入っていました。

吹奏楽版もなかなかですよ!
機会があったら聞いてみてくださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目覚めよと呼ぶ声が聞こえ:

« 名前を付けるということ | トップページ | 第4交響曲の記憶 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ