ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 起承転結 | トップページ | ハンブルグコネクション »

2007年10月 6日 (土)

持ち物には名前

持ち物に名前を書くことは学校生活の基本だ。中学、高校と進むに連れて親が記名することは少なくなって行くが、小学校1年生の時は大変だった。教科書、ノート、ランドセル、上履き体操服、鉛筆、筆箱、消しゴムなどだ。集団生活しかも不慣れな学校だ。物は落とすものだという前提で名前を書いておくという訳だ。

物に名前を書くという行為は、ある種のマーキングだ。所有権の誇示に他なるまい。自分の本に蔵書印などを押すのもそうした意識の反映だと思われる。

こうした人間の心理は日本だけに限るものではあるまい。あるいは時代に左右されるものでもないと思う。物を集める趣味のある人、物を大切にする人はきっと名前を書きたいのだと思う。

ブラームスもきっとそうだ。ブラームスに愛用の辞書があればきっと、表紙に自分の名前を書いていただろう。

私の著書「ブラームスの辞書」は、カバーをはずして眺めると、表紙には題名が書いていない。背には書いてあるが表紙には題名の記載がないのだ。その代わりブラームスの筆跡で「Johannes Brahms」と書いてある。

001_4

つまり、ブラームスが愛用の辞書に自ら名前を書いてあるという雰囲気を狙ったデザインなのだ。「ブラームスの辞書」をデザインで表現したと言うわけだ。

こうしておくと、持ち物検査のときに、「ブラームスくんは、キチンと名前を書いてあって感心だ」などと言われるのだ。

« 起承転結 | トップページ | ハンブルグコネクション »

コメント

<もこ様

なかなかカバーまではずしてご覧になることはありませんから。

こういう記事を書いた甲斐があったというものです。

カバーをはずして見て驚いています。
今まで知らなかったです。

<魔女見習い様

これも石川書房さんの提案でした。

恐るべしです。

まさしく 『ブラームスの辞書』 ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 持ち物には名前:

« 起承転結 | トップページ | ハンブルグコネクション »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ