ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ウィルヘルム・ルスト | トップページ | 回収漏れ »

2007年10月22日 (月)

In stiller Nacht

「静かな夜に」と訳される民謡。「49のドイツ民謡」WoO33の第6巻の7曲目で全体の42曲目に相当する。この民謡集の最後の7曲は合唱用なので、独唱用の大トリを飾っていることになる。

ところが、民謡としていろいろな意味で異例なことが溢れている。まずは拍子。民謡としては大変珍しい2分の3拍子になっている。それだけでも相当異例なのに、さらに8分音符5個分が第1小節目の前に飛び出す弱起になっている。「8分音符5個分のアウフタクト」は民謡では他に例が無い。最初から2小節目の終わりまで、2分音符5個の間、「molto legato」と記されたピアノ伴奏が8分音符1個分だけ声のパートに先んじるフレーズが続く。ピアニスト、声楽家どちらにも完璧なリズム感を要求している。この8分音符一個のズレが、手を替え品を替えこの先もずっと付いて回る。

テキストの内容も珍しい。何が悲しいのかは明らかにされないまま、ひたすら詩人の悲しみが描写される。この悲しみと若干の甘ささえ孕んだ夜の情景の対照が、作品の狙いなのではないかと思われる。Langsamの指定に乗ってゆったりと歌われるホ長調が、かえって悲しみの深さを印象付けている。

一般に民謡の世界では、恋の表現を意図するテキストが多い。好いた惚れたが割とストレートに歌われる。失恋や別れを扱うにしてもどこかユーモラスな雰囲気が漂う。この曲のように何だか得体のしれない悲しみが、甘美な夜の描写とマッチングされるのは作品43-2の絶唱「五月の夜」に通ずるものがある。

民謡らしからぬ凝った内容を持っていると思うが、ただ聴いている分には耳に心地よい甘美な夜の描写だ。テキストの意味がわからずに聴いていた頃、「聖しこの夜」に似た雰囲気なのでクリスマスソングかと思っていたほどだ。

実は正直なところ、ブラームスの民謡中で一番のお気にいりである。15小節目から歌のパートにはクララのテーマ「A-Gis-Fis-E」まで現われて曲が結ばれている。

クララのテーマ

« ウィルヘルム・ルスト | トップページ | 回収漏れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: In stiller Nacht:

« ウィルヘルム・ルスト | トップページ | 回収漏れ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ