ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 調性選択の三角形 | トップページ | 熟田津 »

2007年12月 3日 (月)

ゴールデンコンビ

クララ・シューマンとヨハネス・ブラームスはしばしばピアノでアンサンブルを楽しんだ。公の演奏会ばかりではなく、夏の避暑地の別荘で仲間が集まってはサロンで室内楽を楽しんだ。ハンガリア舞曲、シューマンの主題による変奏曲、ワルツなどの連弾からop56やop34のような2台のピアノ作品に及ぶ。2人ともピアノの名手だったからそりゃあ凄い演奏になったのだと思う。2人の演奏と言えばピアノ共演を想像するのが自然だ。

もう一つだけわずかな可能性が残されている。

ブラームス指揮のクララ独奏によるピアノ協奏曲だ。この組み合わせによるブラームスのピアノ協奏曲の演奏の記録を調べてみた。たった1度だけ1861年12月3日に実現している。演奏されたのは第1番ニ短調だ。ブラームス28歳、クララ42歳だ。2番はとなると状況は厳しい。ピアノ協奏曲第2番の発表は1881年である。ブラームス48歳、クララ62歳だ。48歳のブラームスによる指揮は想像できるが、クララの独奏があり得るのか疑問である。現に演奏の記録が見当らない。この2人の演奏は、当時としてもある種の事件だろうから、実現していれば記録されるに決まっている。記録が無いのは実現していないせいだろう。

虎の子の1番の演奏が聴いてみたかった。

« 調性選択の三角形 | トップページ | 熟田津 »

コメント

<もこ様

でしょ、でしょ、でしょ。

チケットいくらだったンですかねぇ。

ま〜なんという素敵な日なのでしょう。。
手帳に書いておかなければ。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデンコンビ:

« 調性選択の三角形 | トップページ | 熟田津 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ