ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 手心 | トップページ | うるう年 »

2008年2月28日 (木)

シートベルト着用のサイン

飛行機に乗る。離陸後しばらくは、ものすごい勢いで上昇する。高度約30000フィートの巡航高度に達するまで上昇は続く。この高度に達すると飛行機は水平飛行に入ったと見ていい。機内サービスもここから始まるのだ。本日話題の「シートベルト着用のサイン」が消えるのもこのあたりだ。消えると同時にアナウンスでも案内される。大抵は案内の最後に「席についている間は、急な揺れに備えてシートベルトを装着しているように」と薦められるのだ。

2005年5月30日のブログ「ブラームスの辞書」の開設から1000日連続の記事更新を達成した。今までは開設の勢いでがむしゃらに走ってきた。ブラームスの誕生日、クララの誕生日、クリスマス、元日にはスペシャルな記事を発信してイベント感を創出してきた。これらの流れは、飛行機で言えば離陸後の急上昇に喩えられよう。開設から1000日を経過した今、ブログ「ブラームスの辞書」はサイトとしての水平飛行に入ってもいいころだ。

もしブログを1年で閉鎖する気なら、ブラームスの誕生日、クララの誕生日、クリスマス、元日等の記念日には、そのことに派手に言及したイベント記事をど~んと打ち上げればいい。しかしブログ「ブラームスの辞書」は5年10年と続くのだ。その間ブラームスの誕生日、クララの誕生日、クリスマス、元日は5回10回と巡って来てしまう。そのたびにド派手なイベント記事を発信していては身が持つまい。2033年まで続けるなら尚更、記事の内容や頻度を長期戦モードに切り替える必要がある。つまり「シートベルト着用のサイン」が消えてもいい頃なのである。

もちろんだからと言って記事の濃さが減じられてはいけない。旅客機の例にならえば、むしろここから機内サービスが始まるのだ。着陸に備えてシートベルト着用のサインが点灯するまで機内食、お飲み物、機内販売、映画の上映などなどが提供される。

ただいまシートベルト着用のサインは消えましたが、急なオチに備えて、ブログ閲覧中は引き続きシートベルトをお締めおきくださいますようお願い申し上げます。

« 手心 | トップページ | うるう年 »

コメント

<魔女見習い様

ただいますぐにお持ちいたします。

お砂糖だけ。。たっぷりお願いします。

<魔女見習い様

ミルクと砂糖はいかがいたしますか?

ホットコーヒーをいただきたいわ♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シートベルト着用のサイン:

« 手心 | トップページ | うるう年 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ