ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 影響ごっこ | トップページ | 「sempre」意訳委員会 »

2008年2月 9日 (土)

ホ調のソナタ

ブラームスは多楽章器楽曲のソナタを35曲残している。交響曲、協奏曲、室内楽の合計にピアノソナタの3を加えるとこの値になる。

このうち第1楽章をホ長調またはホ短調で開始するケース、つまりホ調のソナタは2例にとどまる。チェロソナタ第1番ホ短調と交響曲第4番ホ短調だ。シャープやフラットが極端に多い調の場合、作品が少ないのは自然だが、シャープ1個または4個の割には少ないような気がする。もちろん第2楽章にはホ長調も出現するが、それはこの際除外である。

この2曲実は共通点があるように思えてならない。

共に2分の2拍子の第1楽章を聴いてみる。冒頭いきなり序奏無く第1主題が奏されて始まる。弱拍に和音を差し込んで行くという伴奏パターンが共通している。

終楽章は、どちらもバッハを隠しテーマにしている。チェロソナタの主題がフーガの技法との関連が取り沙汰されている。交響曲の方は泣く子も黙るパッサカリア。この主題もバッハのカンタータ150番との関連が古来から指摘されている。

バッハとホ短調に何か特別な思い入れがあったのだろうか?

« 影響ごっこ | トップページ | 「sempre」意訳委員会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホ調のソナタ:

« 影響ごっこ | トップページ | 「sempre」意訳委員会 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ