ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« クラブ永遠の愛の台所 | トップページ | 類句 »

2008年2月18日 (月)

2拍子のスケルツォ

いわゆる多楽章器楽曲のソナタの中に、スケルツォの確固たる居場所を設定したのは、ベートーヴェンだ。犠牲者はメヌエットである。モーツアルトやハイドンに代表されるウイーン古典派の伝統を打ち破ったと見ることが出来る。拍子こそメヌエットと同じ4分の3を採用しながら、テンポがいちぢるしく引き上げられ、最早舞曲としての実用性は棚上げとなった。原義の軽さは薄れひたすらマジになって行く。

ベートーヴェンはその創作の末期になって、今度はとうとう4分の3という拍子も解体の対象にする。交響曲第9番のスケルツォ4分の3拍子の中間部に2分の2拍子が現われる。弦楽四重奏の13番目と14番目に2分の2拍子を採用する。

一方ブラームスも、ソナタの中でスケルツォを用いている。用いてはいるのだがベートーヴェンのホームグランドである交響曲と弦楽四重奏曲にはベートーヴェン型の4分の3拍子のスケルツォが出現しない。舞曲楽章に相当する第3楽章のテンポは原則として遅めである。例外は第4交響曲だ。第3楽章のテンポが唯一アレグロに達する。この楽章は解説書では「事実上のスケルツォ」と位置付けられていることが多い。4分の2拍子のスケルツォである。あくまでもベートーヴェンとは違う道を歩みたいのだと思う。

例によってブラームスが指向したのは、バッハだ。この第4交響曲はバッハへの思いで出来ている。

  1. 第4楽章のパッサカリア。カンタータ150番の終末合唱のバスが用いられている。
  2. その第4楽章には、平均律クラヴィーア曲集第一巻の10番BWV855のフーガが一部投影されている。
  3. 第2楽章は冒頭いきなりファにナチュラルだ。いわゆる「フリギア」っぽく始まる。

これらに加えて「4分の2拍子のスケルツォ」という概念自体が、バッハの投影なのではないかと感じる。パルティータ第3番イ短調BWV827の第6曲だ。これが実に本日話題の「4分の2拍子のスケルツォ」なのだ。16分音符テンコ盛りの曲想がただならぬ関係を思わせる。根拠はないが何となくである。

« クラブ永遠の愛の台所 | トップページ | 類句 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2拍子のスケルツォ:

« クラブ永遠の愛の台所 | トップページ | 類句 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ