ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ホ調のソナタ | トップページ | 平均律クラヴィーア曲集と第4交響曲 »

2008年2月10日 (日)

「sempre」意訳委員会

「常に」と解されて疑われることのない「sempre」なのだが、ブラームスの用例を分析すると不可解なケースも目に付く。「常に」の有効期間にバラツキがあるのだ。延々30小節の維持を意図するケースもある一方で、わずか2小節というケースさえある。

2小節の維持であれば、「sempre」など付与されない例も山ほどあるというのに不可解である。「ブラームスの辞書」では、そのあたりの実態を受けて提案を試みている。「sempre」を「常に」と解するばかりでは、限界があるという立場である。

「常に」というのはいわば「維持のsempre」である。特定の状態を長期にわたって維持する意味に加え、放置すると維持が難しい場合も含まれている。

第二のケースは「強調のsempre」である。度合いを煽る意味はないが、特にキチンと守って欲しい場合に用いられると見たい。私の感じた違和感は、総じてこの用法で用いられた「sempre」が「常に」と解されるために引き起こされていた。たとえば「sempre p」を例に取る。「p」の意味を強調する意図はないが、絶対に「p」を逸脱してはならないという場合に使われると考える。「molto p」としてしまうとダイナミクスを減じられてしまうからだ。ダイナミクスへの影響なく「p」を強調するのが「強調のsempre」の機能である。

「くれぐれも」「頼みますよ」あたりを訳語として提案したい。先の例「sempre p」で申せば「くれぐれもpで頼みますよ」というニュアンスである。大切なのは弱くなり過ぎないことだ。pの度合いを増せという意味は無い。

「sempre」の解釈に行き詰まった際の読み替えの選択肢としてお一つ。

« ホ調のソナタ | トップページ | 平均律クラヴィーア曲集と第4交響曲 »

コメント

<魔女見習い様

お粗末様です。

いただきます♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「sempre」意訳委員会:

« ホ調のソナタ | トップページ | 平均律クラヴィーア曲集と第4交響曲 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ