ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« poco a poco in tempo | トップページ | バッハさんこんにちは »

2008年3月26日 (水)

トリプル皆勤賞

子供たち全員の3学期が昨日までに終わった。

長男は3年皆勤で乗り切った中学校生活に次いで高校でも1年目に皆勤を達成した。長女もまた小学校5年から続く皆勤の記録を今年も継続した。2人とも通算4年連続の皆勤賞である。

昨年お兄ちゃんお姉ちゃんが皆勤賞でう~んと誉められるのを見て悔しい思いをした次女は、見事にリベンジを果たし小学校最後の1年を皆勤で乗り切った。

ということはつまり3人の子供たち全員が今年1年学校を休まなかったということになる。これは我が家初の快挙だ。昨年度までの3年間、次女の欠席がこの記録の達成を阻んできた。もちろんずる休みではないのだが、悔しい思いをしてきたハズだ。だから次女にとっては4度目の正直だ。

昨今教育現場には昔には無かった課題も多いと聞くが、我が家の方針は「まず休まずに学校に行くこと」だ。これは私が小学生の頃から不変である。成績の善し悪しにも増して重視している。

ブラームスが父親の思い出を語った中に、興味深い証言がある。音楽之社刊行の「ブラームス回想録集」第1巻116ページだ。「一度だけ学校をさぼって遊んだことがある。そのときにオヤジにひどく叩かれた」というブラームスの回想をジョージ・ヘンシェルが証言している。ブラームスはこの件を「人生でもっとも恥ずべき日だった」と評している。ブラームス家の教育方針とまで申しては大げさだが、きっと我が家の考えに通ずるものがあったのだろう。

« poco a poco in tempo | トップページ | バッハさんこんにちは »

コメント

<魔女見習い様

ありがとうございます。

狙っている訳ではありませんが、達成すると嬉しいものです。

おめでとうございます☆
皆さん、頑張りましたね!
地道なのに大変なことですもの。
まるでブラームス作品を演奏するが如く。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トリプル皆勤賞:

« poco a poco in tempo | トップページ | バッハさんこんにちは »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ