ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 曖昧と確信の狭間で | トップページ | イリジウム凝集層 »

2008年3月31日 (月)

ルネサンスの予感

昨年1年が私のバッハルネサンスだったことは既に述べた。おかげで今やバッハラブである。これが元来のブラームスラブと矛盾しないことにも言及した。

次なるルネサンスは誰だろうか考えてみた。以下ありそうな順に列挙する。

  1. シューベルト 忘れられた歌曲の再興にブラームスの功績が大きい。最有力候補。
  2. メンデルスゾーン バッハへの傾倒は魅力。対抗馬は彼かも。
  3. クララ・シューマン 立派な作曲家だ。考慮されて良い。
  4. ヴィヴァルディ バッハが熱心に研究したことは明らかだ。注意が必要。
  5. ヘンデル
  6. ドヴォルザーク ブラームスの助力により世に出た。好感が持てる。
  7. ハイドン
  8. シューマン ブラームスの恩人であることは間違いないが、マイルネサンスの対象になるかどうかについては優先順位はやや下がる。
  9. ベートーヴェン いつか来た道を辿るのも悪くないが、今更感も漂う。
  10. モーツアルト

こんなところである。

いつ始まるとも判らぬし、一生始まらないかもしれない。蹴躓いた拍子に始まることもある。

« 曖昧と確信の狭間で | トップページ | イリジウム凝集層 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルネサンスの予感:

« 曖昧と確信の狭間で | トップページ | イリジウム凝集層 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ