ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 作曲家別登場ランキング | トップページ | 社会学的実験 »

2008年4月 9日 (水)

掛詞

本来は短歌俳句用語の一つ。一つの単語あるいは語句に複数の意味を持たせる技法。我が国の古典文学作品を紐解けばその例は無数にある。

江戸城構築に関わったとして名高い太田道灌のエピソードは有名だ。ある日道灌が狩に出かけた。不意の雨に襲われて、駆け込んだ家の娘に雨具を乞うたところ、彼女は一輪の山吹を差しだした。道灌はこの意味が判らなかった。後になってある歌を知ることとなる。

七重八重花は咲けども山吹の実の一つだに無きぞ哀しき

「山吹は花を付けるけれども実はなりません」という程の意味だ。実はこの歌の中の「実の」は「簑」に引っ掛けられている。つまり「雨具一つさえ無い」という意味を暗示しているのだ。道灌は自らの不明を恥じたという。

著書「ブラームスの辞書」の中でも「掛詞のような」という表現を用いている。

たとえば「sempre A e B」だ。「sempre」は「常に」と解することで問題はないが、この「sempre」の効力は「A」のみならず「B」にも及ぶかという議論だ。「A」に効力が及ぶことは自明ながら「B」に及ぶかどうかは、用例毎に楽譜に照らして判断しなければならない。

あるいは「A sempre B」というケース。ここでも「sempre」が「A」を修飾するのか「B」を修飾するのか判断に迷う場合がある。

「ブラームスの辞書」ではその都度用例毎に独自の判断を提示しているが、中には「AもBも修飾している」という判断に達していることもある。まさにこの時「掛詞のような」という表現をしている。

« 作曲家別登場ランキング | トップページ | 社会学的実験 »

コメント

<麻由子様

偶然コレクターの私としては、あくまでも「偶然」と申し上げたいところですが、偶然ではありません。

ささやかな隠し味のつもりです。

今日の誕生花が「山吹」ですね。
ちょっぴり恐縮です。。ありがとう♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 掛詞:

« 作曲家別登場ランキング | トップページ | 社会学的実験 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ