ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 5度ハンター | トップページ | なんたる演奏 »

2008年4月29日 (火)

部室使用料

「まずは休まず学校に行く」ということが我が家の教育方針であったことは3月26日の記事「トリプル皆勤賞」で述べた。小学校から高等学校までは、「学校に行くことイコール授業を受けること」と考えてよかった。授業中に寝ている可能性は棚上げして、そこを見ていればよかった。

ところが大学になると、自由度が格段に高まる。つまり「学校に行くこと」と「授業に出ること」が必ずしもイコールではなくなるのだ。

私もそうだった。大学入学と同時にオーケストラの門を叩き、程なくのめり込んだ。初心者のヴィオラ弾きとしては、個人練習が必須だった。幸い当時の我が家はオーケストラの部室から徒歩5分だった。下宿がではない。自宅がである。毎朝部室に直行して、人のいない部室で練習だ。授業に出る時間よりも圧倒的に部室にいる時間の方が長かった。

単位を落とさない程度に授業もさぼった。そのあたりの微妙なさじ加減の読みだけは上達した。親が払ってくれた授業料だが、実質上「部室使用料」と呼ぶにふさわしい実態だったという訳だ。親は判っていたと思う。留年や就職浪人さえしなければ、という暗黙のボーダーラインがあった。

部室に集う仲間とのコミュニケーションこそが全てだった。部室にいる理由は練習だけではない。後輩をさそって喫茶店、悪友と連れだってインヴェーダーゲーム、バイトまでの暇つぶし、文字通り部室は学生生活の拠点だった。住民票を移してもいいくらいだったと思う。

ブラームスも、生涯の友も、嫁もそこで見つけた。

« 5度ハンター | トップページ | なんたる演奏 »

コメント

<ひふみ様

おかげさまで、随分割安な使用料でした。

大学の授業料が「部室使用料」とは、さすがアルトのパパさん。

その部室で、お金では買えない沢山のものを得たのですから、貴重な授業料でしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 部室使用料:

« 5度ハンター | トップページ | なんたる演奏 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ