ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 美しいハーモニー | トップページ | 禁則 »

2008年4月23日 (水)

指先

クララ・シューマンの弟子の女流ピアニストがブラームスのレッスンを受けた時のエピソードだ。

「左手の3,4,5の指の音の出し方について、何を考えて音を出すのですか?」という問いかけに対するブラームスの答が質問者本人によって証言されている。

「まず第一に音を出してくれる指先のことを考えなさい」とある。

このエピソードを知って愕然とした。何て凄いことを言うのだろう。何せピアノ演奏には疎いので、こうした言葉の効能は判らぬが、確かに考えるキッカケになるだろう。誰あろうブラームスに言われるのだから、言われた側のインパクトは相当なレベルだと思われる。何か大切なことを伝えたくてこう言ったに決まっているのだが、それは何だろうと底まで考えさせられる凄みが感じられる。誰しもが「ここまで考えていない」と舌を巻いた後、真剣に考えること請け合いである。誰もが同じ結論に至るとは思えないが、考えることは無駄ではないのだろう。

このところすっかりバッハのインヴェンションの室内楽版にはまっているおかげで、楽器に触る時間だけはやたらに増えたが、もっと指先のことを考えて弾かなければならない。ピアノとヴィオラで演奏上の共通点がそうそうあるとも思えないが、先のブラームスの言葉には、一笑に付せない含蓄がある。

練習不足で無くなりかけていた指先の「弦ダコ」がこのところ厚みと堅さを増している。今のところ人差し指、中指、薬指だが、これが小指にも出来てくればしめたものだ。

« 美しいハーモニー | トップページ | 禁則 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指先:

« 美しいハーモニー | トップページ | 禁則 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ