ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 交換法則 | トップページ | 指先 »

2008年4月22日 (火)

美しいハーモニー

世の中広い。海の向こうには凄いマニアがいると以前に書いた。

「ブラームス性格作品 演奏の手引き」(全音楽譜出版社)という本の著者トマス・シューマッカーという人だ。ジュリアード音楽院を出たピアニストで教育者でもあるらしい。

その本の104ページ中ほど。ブラームスのインテルメッツォホ長調op116-4の章の中に「これほど美しいハーモニーがついた長音階がどこにあるでしょうか」という記述がある。37小節目以下を指している。いわゆる中間部だ。

この本ブラームスのピアノ小品の演奏法について専門家の立場から現実的な提案がてんこ盛りになっている。体裁としてもノリとしても「技術指導書」なのだが、おそらく意図的に作者の感情が勝った表現が随所に見られ、それが良いスパイスになっている。根底にあるのは、「私はブラームスが好きだ」という点に尽きる。技術専門書の中に「これほど美しいハーモニーがついた長音階がどこにあるでしょうか」のような記述が平然と挿入されることが全く不自然でないのは、ひとえに著者の熱意のせいだと思われる。

その箇所を聴けば彼の言っていることがすぐに納得出来る。実際に可憐な景色である。

ブラームスを好きであることと、好きを音に転換するスキルを持ち合わせるとこういう人になれるのだ。おまけに本を書く才能まで併せ持っている。私に言わせればむしろそれらのハーモニーこそが美しい。羨ましい限りである。

« 交換法則 | トップページ | 指先 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 美しいハーモニー:

« 交換法則 | トップページ | 指先 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ