ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 大人の暗譜 | トップページ | クララの絶筆 »

2008年5月19日 (月)

瞬間型マルカート

マルカートは「marcato」と綴られて「はっきりと」と解される。疑問を差し挟む余地はない。

マルカートに限らず音楽用語は一般に効き目が持続する。効き目が終わる場所に標識がある場合と無い場合に分かれるが、効き目の持続はお約束でさえあるのだ。

本日話題の「marcato」も同様だ。記された場所からしばらく効き目が持続する。効き目の終わりが明記されないタイプなので、どこまでマルカートにするかは、演奏者のセンスに委ねられることになる。「はっきりと」弾かれることを期待されるが、ただちにダイナミクスの増大を意味する訳ではない。ブラームスにおいては「p marcato」や「pp marcato」が少なからず出現することからも明らかである。

さてさて、もしもブラームスが音符1個をはっきりと演奏させたいと思った場合、用語としては何を使うのだろう。持続型の「marcato」では使い勝手が悪い。効き目の終わりを表す用語が存在しないから、marcatoからしばらくは自動的に「はっきりと」弾かれてしまう。

この問いに対してブラームスが用意したと思われる用語がある。

「rf」(リンフォルツァンド)がそれである。大抵の音楽用語事典には「rf」と「sf」の区別が書かれていない。どちらも「その音を特に強く」と説明している。しかしブラームスは明らかに書き分けている。「ブラームスの辞書」は「rf」の全用例から「sf」よりは、お宝度、とっておき度、繊細度が高いと断じている。

本日はさらにこれを深めて「rf」の機能として「瞬間型マルカート」を提案する次第である。ブラームスの作品においてということは譲れぬ前提だが、定義は簡単だ。「marcato」と全く同じ概念の瞬間型だ。周囲の中で抜きんでて大切な音に対するマーカーとでも言い換えられよう。ただちにダイナミクスの増強を意味しないことも「marcato」と同様だ。

「rf」の解釈に詰まった際の、打開策の一つとして提案する次第である。

「sf」と同じと説明されるより、数段収まりが良い。

« 大人の暗譜 | トップページ | クララの絶筆 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瞬間型マルカート:

« 大人の暗譜 | トップページ | クララの絶筆 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ