ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« アヴェ・マリア | トップページ | ドイツ国立図書館 »

2008年6月21日 (土)

悪口の辞典

昨日まで3泊4日の大阪出張だった。出張の友にと本をいくつか買った。そのうちの一つ音楽之友社刊行の「名曲悪口辞典」が面白かった。

ベートーヴェンからショスタコーヴィッチに至る43名の作曲家の作品への様々な批判をニコラス・スロムニスキーという人が集めたという代物だ。これを5人がかりで完訳した400ページを超える大著だ。欧州とアメリカの新聞や雑誌報道の切り抜き集という感じがする。

現在クラシック音楽の作曲家として認知されている人がある基準によって絞られているのだろうが、この選択は自然なもので作為や悪意は感じられない。目次を眺めるだけでも楽しい。割り当てられたページの多い順に列挙する。

  1. シェーンベルグ 39ページ
  2. ワーグナー  37ページ
  3. Rシュトラウス 29ページ
  4. ドビュッシー 27ページ
  5. ストラヴィンスキー 19ページ

ブラームスは18ページで6位である。

誰も彼も皆凄いことを言われている。全てが悪口であると言う点で、非常に公平な本だ。ブラームスの言われ方なんぞぬるいうちに入る。これらの悪口に絶えて生き残った作品のリストとも言い換えられよう。悪口を言われるだけ言われて、本当に忘れ去られてしまった作品の方がずっと多いことは覚えておきたい。

それより怖いのは、いくつかの作品について「おっしゃる通り」と賛成したくなったことだ。

« アヴェ・マリア | トップページ | ドイツ国立図書館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪口の辞典:

« アヴェ・マリア | トップページ | ドイツ国立図書館 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ