ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« op200 | トップページ | サプライズは続く »

2008年7月 3日 (木)

打ち出の小槌

著書「ブラームスの辞書」で「poco f espressivo」を指して「打ち出の小槌」と表現している。ブラームスは生涯に33回「poco f espressivo」と楽譜に記した。「poco f espressivo」を含む語句となるとさらに3つが加わる。

「ブラームスの辞書」の執筆でもこの項目に喜々として取り組んだ記憶がある。ほとんど我を忘れるといったノリだった。それほどおいしい旋律が多いのだ。この36箇所のことに一通り言及しているだけで本になりそうである。「ppp」から「fff」に連なるダイナミクスメーター上の目盛りの一つだと割り切ることは出来ない。単なるダイナミクスの表示にとどまらない何かを感じている。ほとんど感情表現になってしまっている。「poco f espressivo」を楽譜上に記す記さないの基準なんぞ、常人の思いつく限界を超えている。ブラームスの本能が命じたからだ。

初出の弦楽六重奏曲第1番の冒頭から交響曲第4番第2楽章88小節目まで、ほぼ器楽作品に集中して出現する。

独唱歌曲では唯一作品「71-2」の65小節目のピアノパートに現れることや、上記第四交響曲の出番を最後にプッツリと姿を消すことなど謎も多い。

私にとっては宝物だ。

« op200 | トップページ | サプライズは続く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 打ち出の小槌:

« op200 | トップページ | サプライズは続く »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ