ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 歌垣 | トップページ | 蓄積の賜物 »

2008年8月24日 (日)

ポジション番号

大学入学と同時にヴィオラを始めた私のデビュー演奏会はブラームスの第2交響曲だった。当時のパート譜はすさまじかった。全ての音符の上に指番号がふってあった。

  1. 人差し指
  2. 中指
  3. 薬指
  4. 小指

チェロはごく希に親指を使うこともあるが、ヴィオラはこの4本だ。これらの番号が指番号と言うわけだ。このほかにポジションの変わり目には線が引かれていた。口の悪い先輩からは乱数表とまで言われていたものだ。

次女のトロンボーンの楽譜を見て驚いた。全部の音符ではないが、数字が書いてある。これは何かと尋ねると「ポジション番号」と即答された。トロンボーンのスライドの位置を決定する右腕の延ばし具合のことだ。1から7までの7通りあるという。1ポジションがもっとも手前で、腕はたたまれる。7ポジションはもっとも腕を伸ばした位置で、体格によっては届きにくいらしい。同じポジションでも唇の調整で別の音を出すこともある。

快速なテンポで流れる曲においても、楽譜を見てとっさにポジションを察知しなければならないから、ポジション番号が書き込まれることになる。

断っておくが、次女のヴァイオリンの楽譜には指番号なんぞ書いていない。バッハのコンチェルトでさえ皆無だ。書き込みは多いが指番号は不要なのだ。

トロンボーンの楽譜に書かれた数字は全て次女の筆跡だ。自ら必要性を感じて書き込んだことは明らかだ。普段は寡黙な次女の気迫が伝わってくる。

« 歌垣 | トップページ | 蓄積の賜物 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポジション番号:

« 歌垣 | トップページ | 蓄積の賜物 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ