ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 数列 | トップページ | トロンボーン版アヴェマリア »

2008年8月 6日 (水)

フラット偏重

8月3日の記事「Bdur症候群」の続きである。

最初の4つの交響曲の調性選択にあたって、一部の作曲家が「変ロ長調(Bdur)」のドレミファという音列に準じているという趣旨だった。ベートーベン、シューマン、ドヴォルザーク、ブルックナー、プロコフィエフだ。

「Bdurのドレミファの音列に準ずる」とは、交響曲の調性が下記の8つから選ばれることを示している。

  • 変ロ長調 フラット2個
  • 変ロ短調 フラット5個
  • ハ長調  調号無し
  • ハ短調  フラット3個
  • ニ長調  シャープ2個
  • ニ短調  フラット1個
  • 変ホ長調 フラット3個
  • 変ホ短調 フラット6個

見ての通り全8種のうち6種がフラット系だ。つまりフラット偏重なのだ。シャープ系になるのはニ長調だけだ。実質的には、変ロ短調と変ホ短調は考えにくいから、選択の幅は6種だ。

Bdur症候群は、実質フラット偏重症候群とも位置づけ得る。ベートーベンの9曲は2番ニ長調と7番イ長調だけがシャープ系であり、すでにフラット偏重だ。後に続く作曲家たちは交響曲の総本山ベートーベン様に倣ったのだろうか。あるいは、移調楽器の都合でフラット便利な事情でもあったのかもしれない。

一方、ブラームスはCdur依存型である。

  • 1番 ハ短調 フラット3個
  • 2番 ニ長調 シャープ2個
  • 3番 ヘ長調 フラット1個
  • 4番 ホ短調 シャープ1個

シャープ系フラット系で見ても、長調短調で見ても2対2となる。ブラームスは自作4つの交響曲の全体像にも気を配っていた可能性がある。ただし、そうしたことを1番の完成時点で既に意識していたかとなると、ただちには頷きがたい。1番2番を続けざまに生み出した後、3番までの間に考えたと解したい。1番ハ短調、2番ニ長調と発表し、仮に3番4番に変ロ長調と変ホ長調を採用したら、Bdur依存型になっていたところだ。実際ブラームスは3番4番にヘ長調とホ短調を採用してあらゆる面でバランスを保った。

単なる偶然として放置するのは少々もったいない。

« 数列 | トップページ | トロンボーン版アヴェマリア »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フラット偏重:

« 数列 | トップページ | トロンボーン版アヴェマリア »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ