ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 神社一ヶ月 | トップページ | 伴奏ルネサンス »

2008年9月30日 (火)

シューマンの応対

ロベルト・シューマンの伝記を読んでいると、主人公シューマンの命があと4年を切った頃にヨハネス・ブラームスが登場する。シューマンの日記にはブラームスのことがいきいきと記述されているばかりか、自らが創刊した音楽雑誌にセンセーショナルな紹介記事を書いて、ブラームスの楽壇デビューをアシストした。

ブラームスのシューマン家訪問は1853年9月30日、実際の対面は10月1日とされている。シューマンの伝記を読んでいると面白いことが判る。

ロベルト・シューマンの残した唯一のヴァイオリン協奏曲についてシューマン自身が作曲の過程を日記に書き残しているという。1853年9月21日にヴァイオリン協奏曲を書き始めたという記述があり、10月1日には、ブラームスの来訪への言及とともに、ヴァイオリン協奏曲の完成が仄めかされる。10月3日にはオーケストレーションの完成を示唆しているから、ヴァイオリン協奏曲は着手から完成まで13日を要したことになる。天才作曲家の筆の進み方とはこういうものなのだろうと思う。それは驚くには当たらぬが、シューマンはヴァイオリン協奏曲のような大作に取り組む途中でブラームスの訪問を受けたことになる。

シューマンが暖かくブラームスを迎え入れ、愛妻クララとともにブラームスのピアノ演奏を聴いて天才の出現を喜んだことは、ブラームス側の伝記でははずせぬ出来事になっている。そしてそのまましばらくおそらくは11月初旬までブラームスは滞在したのだ。シューマンのヴァイオリン協奏曲のオーケストレーションの完成にブラームスが立ち会っていた可能性さえ浮上する。

ヴァイオリン協奏曲の仕上げで多忙だったことを理由にブラームスを門前払いしていたら、音楽史は少し変わっていたと思う。

« 神社一ヶ月 | トップページ | 伴奏ルネサンス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シューマンの応対:

« 神社一ヶ月 | トップページ | 伴奏ルネサンス »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ