ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 国名が無い | トップページ | マイニンゲンのバッハ »

2008年10月27日 (月)

小ロンドン版

ブラームスは自身の出世作「ドイツレクイエム」を自らの手で2台のピアノ伴奏版に編曲している。後にヴィクトリア女王の前で初演されたことから、この編曲が「ロンドン版」と通称されている。これは2台4手だ。

既にCDもいくつか持っているのにまた買ってしまった。今度のお宝は伴奏が、1台4手つまり連弾なのだ。マッコークルにもちゃんと記載されていた。ピアノが一台少ないから、さしずめ「小ロンドン版」だ。元々大好きな曲だから話題版を発見するとどうにもこらえ性がない。

演奏は「The sixteen」とある。ソプラノ、アルト、テノール、バスの各パートが4名ずつという趣旨だ。完全平方数大好きなブラームスにぴったりのコンセプトだ。コーラスのメンバーの名前が全てジャケットに記載されているというのが大変珍しい。作品の華ソリストも、このメンバーとして記載されている。ソロの出番がない時は合唱に加わっている。ソリストといえどもあくまでもコーラスの一員という位置づけで貫かれているのだ。実際にはソプラノとバスのメンバーがそれぞれ7名と6名となっていてキッチリ16名にはなっていない。増強されているのがソプラノとバスというところがまたブラームスっぽいが、ソロが入る曲でのアシスト要員という現実的な措置である可能性もある。大管弦楽の伴奏でないところが、高校のサークルでも歌えそうで心地よい。

演奏を聴いて思い出した。ドイツレクイエム初演を控えた練習のエピソードが残っている。合唱団の練習の後、誰かが今歌い終わったばかりの箇所をピアノで弾き始めた。すると帰り支度をしていたメンバーが次々とピアノの回りに集まって歌い始めた。とうとう最後まで通してしまったという話だ。ソリストたちはとっくに引き上げてしまっているから、ソロの部分は合唱のメンバーのうちの一人が歌ったに決まっている。

各パート4人の醸しだす雰囲気は、バッハのカンタータの標準的演奏とされる規模に近い。こうして聴くとこの曲合唱曲なのだと改めて感じた。第2曲の凄絶なフォルテシモさえ透明感が維持されている。合唱曲として純粋に楽しむ場合、ピアノ伴奏版は有効な選択肢の一つだと思う。

じんわりと癒される演奏だ。

« 国名が無い | トップページ | マイニンゲンのバッハ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小ロンドン版:

« 国名が無い | トップページ | マイニンゲンのバッハ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ