ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« シューマンの応対 | トップページ | 特別扱い »

2008年10月 1日 (水)

伴奏ルネサンス

「伴奏」のようなポピュラーでシンプルな言葉の定義が何かと厄介な場合が多い。複数の楽器またはパートが参加するアンサンブルにおいて、その重要性に差が生じていることがある。このとき、より重要性の低いパートを伴奏と呼ぶことがある。おそらく最も頻度高く伴奏に回る楽器はピアノだ。これは断じてピアノという楽器の地位の低さを意味しない。むしろその類希な機能性ゆゑに伴奏を任されると解したい。

バッハに代表されるポリフォニーの反動として、旋律と伴奏の区分がより明確になった作品が数多く現われた。この動きと楽器としてのピアノの発展普及の時期が一致したことも伴奏楽器としてピアノが多く用いられることと関係があるかもしれない。

旋律と伴奏の分業化が進むと伴奏のパターンも整えられてゆく。

  1. 刻み
  2. 伸ばし
  3. 後打ち
  4. アルペジオ

何を隠そうヴィオラは、オーケストラの中では「伴奏班」の班長格である。特に古典派と呼ばれる時代にはその傾向が強い。ベートーヴェンのエロイカ交響曲の第一楽章冒頭、ヘ長調のラズモフスキーカルテット第一楽章の冒頭、モーツアルトのト短調交響曲の冒頭などその代表格だ。この周辺の刻みを美しく奏することは、それはそれで楽しみの一つだ。特にモーツアルトのアレグロ作品における「一陣の風が通り過ぎるような」疾走感の表現には、欠かせない。

その一方で「後打ち、刻み、アルペジオ」という言葉には「旋律にありつけぬ」というある種の自嘲が含まれている。

ブラームスは、古典への敬意だけはそのままに、ヴィオラにありがちなこの手の呪縛を取り除く。ポリフォニーへの回帰とまで断言する自信は無いが、旋律と伴奏の分業という現象に歯止めをかけたという表現までなら理解も得られよう。

協奏曲の管弦楽側も同様の恩恵を受ける。独奏楽器の伴奏という無惨な位置付けからの脱却だ。しかもそれが独奏楽器の地位の低下には断じて直結しないのがブラームスの真骨頂だ。あるいは二重奏ソナタやリートにおけるピアノの位置を見るがいい。従来伴奏と呼ばれたパートの復興が指向されていると解したい。

ブラームスはいわゆる「伴奏」という言葉がもっとも相応しくない作曲家だと感じる。

« シューマンの応対 | トップページ | 特別扱い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伴奏ルネサンス:

« シューマンの応対 | トップページ | 特別扱い »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ