ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 行動範囲 | トップページ | クヤビアーク »

2008年10月31日 (金)

網羅

漏れが無いことくらいの意味か。目的になる事項が有限であることが前提の言い回した。整数を網羅するとは言えないことからもそれと判る。人間は網羅することが好きだ。食べるために必要以上の種類を集めたいのだ。それはしばしばコレクションと呼ばれて、人間の趣味のうちの相当な領域を占める。

無限個存在するものは網羅とは言わないと述べたが、無限か有限かわからないものはとりあえず網羅の対象になる。いわば瞬間有限のものも立派な対象という訳だ。たとえばブラームスが既に死んでしまっている以上ブラームスの作品は有限個だ。これに対してブラームスの作品を録音したCDは、今この瞬間に存在するCDは有限だが、今後出現することをやめないだろう。これが瞬間有限だ。

ブログ「ブラームスの辞書」について最近感じ始めていることがある。本の宣伝媒体として始まったブログだが、このところ自分の中で位置づけが変化してきている。

私という人間の頭の中に去来したブラームスネタを全て文書にして残したいと思うようになった。同じネタを繰り返し思う場合は別として、脳味噌にチラリとでも浮かんだブラームスネタは全部書留たいのだ。この先生きている間は新たなブラームスネタを思いつく可能性がある。これはまさしく「瞬間有限」だから網羅の対象である。

気をつけねばならないのは、死ぬ瞬間に新たなブラームスネタを考えていると、それは文書に出来ないということだ。死ぬ瞬間を迎えるまでに全てのブラームスネタを思いつき終えていなければならない。

« 行動範囲 | トップページ | クヤビアーク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 網羅:

« 行動範囲 | トップページ | クヤビアーク »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ