ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 地名登場ランキング | トップページ | ドイツ広場 »

2008年10月13日 (月)

交響曲の中のトロンボーン

次女がトロンボーンを始めたせいで、私もこの楽器に興味を覚えるようになった。ブラームスを論じる際の切り口が一つ増えたという感じがする。

ブラームスの交響曲には4つ全てにトロンボーンの出番がある。しかし全部の楽章でべっとりと出番のある弦楽器と違ってトロンボーンの出番は限定的だ。

  • 第1番 第4楽章のみ。待っただけのことはある47小節目のコラール。
  • 第2番 第1楽章、第2楽章と第4楽章。第4楽章の353小節のコラールはヴィオラの3連符の刻みとのからみが絶妙だ。ラストの1番トロンボーンに現れるハイノートも心地よい。
  • 第3番 第1楽章、第2楽章と第4楽章。
  • 第4番 第4楽章のみ。113小節目からのコラールは世界遺産級。273小節目もカッコいい。

見ての通り出番が第4楽章に集中している。それから第3楽章には一切用いられない。

トロンボーン奏者のモチベーションは、ブラームスの交響曲においてどう保たれるのか興味がある。後期ロマン派には出番満載の曲が多いから、吹き甲斐という意味でブラームスは分が悪いのではないかと推察する。ヴォオラ弾きの立場からすれば満を持して現れて、おいしいコラールを決めて行くように見えるが本当のところはどうなのだろう。少ない出番がおいしいというのは心構えとしてどうなのか興味がある。

次女がやがてオケに転じてブラームスを吹くようになったら訊いてみたい。けれども出番のない楽章でヴァイオリンを弾くなどということは許されざるわがままである。

« 地名登場ランキング | トップページ | ドイツ広場 »

コメント

Ludwigさま

いらっしゃいませ。うらやましい悩みでごさいます。

アマオケの初級トロンボーン奏者です。次回メイン曲がブラームス1番になりそうで戦々恐々状態(40数分の曲なのに出番が50小節足らず) 同じブラームスでも4番選んでもらえないか思案中ですが、人気の差は歴然。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交響曲の中のトロンボーン:

« 地名登場ランキング | トップページ | ドイツ広場 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ