ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 祝15万アクセス | トップページ | 網羅 »

2008年10月30日 (木)

行動範囲

地名辞書では「ドイツ」「オーストリア」「イタリア」などの国名については収集の対象にしていないと述べた。今日の記事はその埋め合わせである。

ブラームスが生涯のうちに行ったことのある国々を現在の地図に基づいてリスト化してみた。

  1. イタリア ブラームスのイタリア好きは有名。生涯で8回イタリア旅行を試みているが、演奏旅行は一度もないのが不思議である。
  2. オーストリア ウィーンに定住していたから当然。
  3. オランダ 作品の熱狂にはブラームス本人もありがたいと感じていた。
  4. サンマリノ イタリア旅行のついでに立ち寄っておみやげに切手をかった。 
  5. スイス 友人も多く、避暑に最適だった。
  6. スロヴァキア ブラチスラヴァでタウジヒと酔っぱらった記録がある。
  7. チェコ プラハにドヴォルザークを訪ねたことがある。
  8. デンマーク 舌禍事件も起こした。
  9. ドイツ そりゃあ当然。
  10. バチカン 素通りはあり得ぬ。
  11. ハンガリー ブダペストの「ドンジョヴァンニ」がお気に入りだ。
  12. ベルギー 演奏旅行で立ち寄っている。
  13. ポーランド 大学祝典序曲のブレスラウは現在ポーランド領だし、ダンチヒで演奏会をした。
  14. ルーマニア ヨアヒムとトランシルヴァニアを訪れたことがある。
  15. ロシア ペテルブルクとケーニヒスベルク現在のカリーニングラードを訪れた。

確認が出来ていないが、ひょっとすると通過するくらいはしていたかもしれないのは以下の通りである。

  1. アルバニア
  2. エストニア
  3. スロヴェニア
  4. ブルガリア
  5. ベラルーシ
  6. モナコ
  7. ラトビア
  8. リトアニア
  9. リヒテンシュタイン
  10. ルクセンブルク

やっぱりイギリスは嫌われていたのかもしれない。また海を渡らねばならないと言い訳が出来るイギリスはともかく、フランスの空白も目立つ。普仏戦争の当事国だからかもしれない。イタリア旅行のついでにコルシカ島あたりに行ってはいないか興味がある。惜しいのはノルウェイ。晩年のブラームスをグリークがノルウェイに誘っているが実現しなかった。

« 祝15万アクセス | トップページ | 網羅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行動範囲:

« 祝15万アクセス | トップページ | 網羅 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ