ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 祝電披露 | トップページ | ブランデンブルク協奏曲 »

2008年11月26日 (水)

鉄道の罪

ブラームスの活発な演奏活動が鉄道の発展によって支えられていたことは既に述べた。ところが、ブラームス自身その鉄道に文句たらたらのエピソードがある。

1894年民謡研究の集大成「49のドイツ民謡集」が刊行された。友人のホイベルガーはこれに先だってブラームスと意見交換をした。音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」第2巻108ページだ。

ブラームスはそこで自らの民謡集にはライン地方の民謡が収録されていると明言している。数年前まで鉄道も通っていなかった地域だとも言っている。ニュアンスとしては「だから価値がある」とも受け取れる表現だ。続けて、最近は鉄道が発達してしまったおかげで、どこの民謡も同じようになってしまったと主張する。民謡の素朴な味わいを尊重する立場から、ここでは鉄道は厄介者扱いされている。

鉄道どころか飛行機が世界中を飛び回っていることを知ったら何と言うだろうか。

« 祝電披露 | トップページ | ブランデンブルク協奏曲 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道の罪:

« 祝電披露 | トップページ | ブランデンブルク協奏曲 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ